「3-Tesra MRI装置による脳の構造画像ならびに機能画像の健常者コントロール用データベース構築」へのご協力のお願い

研究責任者 所属 精神・神経科学教室 職名 講師
氏名 田渕 肇
実務責任者 所属 精神・神経科学教室職名 助教
氏名 山縣 文

私たちは、精神疾患の病態を解明し、より良い治療法を開発するための研究をしております。このたび本学では、健康な方を対象に下記の研究を実施いたしますので、ご協力いただける方を募集しています。この研究を実施することによる参加者さまのプライバシー保護について最善を尽くします。

1対象となる方

13歳以上、110歳以下の心身ともに健康な方のうち、本研究への参加協力への同意を文書でいただける方

2研究課題名

3-Tesra MRI装置による脳の構造画像ならびに機能画像の健常者コントロール用データベース構築

3研究実施機関

慶應義塾大学医学部精神神経科教室ならびに病院臨床研究推進センター
慶應義塾大学病院【精神神経科】

4本研究の意義、目的、方法

近年の画像検査の発展により、目には見えない精神状態も、脳の構造変化や機能変化をもたらすということがわかりつつあります。しかし、実際に脳のどの部分に変化が生じるのかなど詳しいことはまだわかっていません。

本研究では健康な成人の方にMRI検査を施行し、データベースを作成することを目的としています。
そしてそのデータをこれまでに私たちが行ってきましたうつ病患者さまに対する研究やその他の精神疾患を持つ患者様のデータと比較したいと考えております。

5協力をお願いする内容

研究の説明を行い、その内容を理解し、同意を得られた研究協力者さまには、約30分程度の評価のための研究員(心理士)面接と数種類のアンケートを行い、この研究の参加条件をすべて満たしているかを確認させていただきます。研究に参加登録されると、その次の来院日に、40分程度のMRI検査が実施されます。なお、検査は無料です。

6本研究の実施期間

倫理委員会承認後より2021年3月31日まで(予定)

7プライバシーの保護について

1)本研究に参加されますと、研究協力者さまの個人情報として氏名を取り扱いますが、研究では、研究協力者さまの個人情報をすべて削除し、第3者にはどなたのものかわからないデータ(匿名化データ)として使用します。
2)研究協力者さま個人情報と匿名化データを結びつける情報(連結情報)は、本研究の個人情報管理者が研究終了まで厳重に管理し、研究の実施に必要な場合のみに参照します。また、研究終了時に完全に抹消します。
3)なお連結情報は本学のみで管理し、他の共同研究機関等には一切公開いたしません。

8お問い合わせ

本研究にご関心のある方詳しい説明をいたしますので、下記までご連絡下さい。
慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室
東京都新宿区信濃町35番
e-mail: yamagata@a6.keio.jp
担当者 山縣 文

以上