専修医募集

平成30年度専修医(後期研修医)募集について

当教室では、平成30年度専修医(後期研修医)を募集いたします。初期臨床研修終了見込みの方はもちろん、すでに他科で勤務・研修されてきた方も入局を広く大々的に歓迎しております。新専門医制度に合致した研修プランを準備しています(現在申請中)。

具体的な申請方法はこちら

慶應義塾大学を卒業していたり、慶應義塾大学病院で初期研修をしていたりしなければならないといった制限は全くありません。これまでも他の大学を卒業された方が数多く入局されており、それぞれの分野で活躍をされています。
入局説明会は下記の日程で予定しております。

なお、見学につきましては随時受け付けております。どちらの大学、病院ご出身の方も歓迎いたしますので、ご興味のある方は問い合わせフォームよりご連絡ください。医局員全員が揃う水曜日がオススメです。

こちらのリンク先もご参照ください。
レジナビ(慶應義塾大学医学部 精神・神経科学 後期臨床研修プログラム)

入局説明会について

下記日程にて予定しております。

ご参加いただける方は、keio-psychiatry@hotmail.co.jpまでご連絡ください。
教授以下全スタッフ、大学院生、研修医が全員そろいます。
何でも質問してください!

第1回 入局説明会

日時:平成29年7月8日(土) 18:00~
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス 2号館11階中会議室
※終了後は懇親会を予定しております。

第2回 入局説明会

日時:平成29年8月26日(土) 18:00~
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス 3号館北棟ラウンジ
※終了後は懇親会を予定しております。

慶應オープンホスピタル

日時:平成29年6月17日(土) 15:30~(予定)
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス 2号館11階大会議室

慶應義塾大学病院および関連病院全体の説明会にも精神科ブースを出展します。「入局説明会」がよりオススメですが、本オープンホスピタルもお気軽にお立ち寄りください。最新情報は下記リンクから。

http://www.med.keio.ac.jp/sotsugo/kouki/kouki-index.html

研修について

当科では大学内の臨床研修、そして引き続いて関連病院(精神科単科病院および総合病院)での研修を行っております。
外来・病棟・リエゾン・コンサルテーションなど臨床面のみならず、幅広い専門の者による講義や症例検討会(月1回)、抄読会(月2回)、勉強会(毎週)を行っております。おおよその週間スケジュールはこちらです。

関連病院も関東近辺に多々あり、出張や研究テーマ等、可能な限り個人の希望に沿える様にアレンジしております。

また、大学院での博士課程取得も積極的に応援しています。どんなニーズにもこたえられる多岐にわたる研究室が当教室の強みです。
さらに、当教室は海外に幅広いネットワークがあり、留学も強力に応援しています。

当科の自由な雰囲気を体験していただくためにも一度見学にいらして下さい。見学は一年中可能です。詳しくは問い合わせフォームよりご連絡ください。追ってこちらから詳細を御連絡いたします。

プログラム概要

専修医・専門医研修システム

現在、日本精神神経学会に研修案を申請中のため、現時点でプログラムを公開することができません。ただ、幅広い分野を学べる魅力的なプログラムであることを自負しています!また、この研修を通じて、精神保健指定医、精神神経学会専門医の申請に必要な症例をもちろん経験できます。
詳細に関しては、ぜひ専修医医局説明会にご参加いただければと思います。
研修終了後は、当大学病院、関連病院で更に研鑽を積んでいただき“オールマイティ”かつ専門性を持った医師を目指してもらいます。また、大学院に進学して博士号にむけた研究を進めることもできます。さらに、当教室は海外に幅広いネットワークがあり、留学も積極的に応援しています。

基幹施設および参加協力施設

○基幹施設:慶應義塾大学病院
○参加協力施設:首都圏を中心に約50施設(詳細はこちら

「専修医の声」

平成26年度入局 高橋希衣

慶應の精神神経科の魅力はたくさんありますが、一番は広い視野と大きな可能性を持てることだと感じています。様々な分野のエキスパートがそろい、普段の診療の中でいろいろな視点からのアプローチを学ぶことができ、誰しもが一流の専門家にアクセス可能な環境というのは、とても貴重なのではないかと思います。そして、多様なバックグラウンドを持ち、多方面に興味関心を持った人の出すアイディアにはいつも刺激を受けています。このような環境で専修医として充実した研修ができ、そしてその後どのような分野に興味を持ち、どのような道に進んでいきたいと思っても、可能性を失うことはありません。
まずは、ぜひ見学に来てみていただきたいと思います。

平成26年度入局 吉永怜史

慶應精神科はとにかくエキサイティングです。精神科は、生物学的側面と心理的側面と社会的な側面とが接しているため、特定の分野だけのトレーニングを受けるだけでは不十分です。慶應精神科には精神薬理・神経心理・社会精神・精神病理・心理・司法精神・生物学的精神医学といった研究室が存在し、臨床のカンファレンスや研究のディスカッションでも多様なバックグラウンドを持った人材が活発に相互作用しあい高めあっています。困ったときも最適な先生に相談できます。最近ではこうした広汎な知識をICTと融合させ、computational psychiatryという精神科診断治療のコペルニクス的転回の試みが始まっています。神経内科・小児科・漢方医学・麻酔科などとの交流も盛んです。専修医や専修医終了後も大学や特徴ある関連病院で充実したトレーニングを積むのはもちろんですが、中には一定期間を他大学の心療内科や児童精神分野で研鑽をつんだり、私のように基礎教室で「精神疾患とは何か」を突き詰めたりするものもあります。慶應精神科はこのような多様性が伝統ですので、ややもすると一部教室・診療科でおちいりがちな”just say yes”型の学び(上級医の指示に無批判に従う受動的な学習)は成立せず、したがって半学半教の精神(先輩と後輩の別なく、率直に学び合い、自由闊達に意見を述べ合う気風)が尊重されると同時に、求められています。
慶應精神科では、多くの専修医が津々浦々から集まって(慶應大学出身者はむしろ少数派)、いまも自由な環境で充実したトレーニングを積んでいます。皆さんの入局をお待ちしています。

平成26年度入局 山本保天

この記事をご覧になっているあなたは、十分に慶應義塾大学精神神経科という医局に興味関心の有る方であると私は予想している。
そのあなたにお伝えしたいことはただ一つである。実際に見学に来て頂きたい。そこであなたが抱かれている学問的興味について直接、当医局員とディスカッションを試みて頂きたい。慶應精神神経科の魅力を体感頂けると期待する。

その他の専修医のつぶやきはこちら