生物学的精神医学研究室

生物学の手法を用いて精神医学を理解したいと考える研究者の集団です。以下のようなグループ、個人から成ります。

情動の制御と治療学研究ラボ

2012年4月から新しく開設された精神医学の基礎研究を行うラボです。設立の趣旨は2つあります。1つは精神医学の基礎研究の成果発信を通して慶應医学部の誇る基礎教室と精神科臨床の橋渡しを行うこと、もう1つは精神医学、脳科学に興味をもつ学生の発掘とイニシエーションです。
多くのテーマを走らせていますが、「意欲行動」では良い仕事が出るようになりました。てんかんやせん妄の研究を通じて「睡眠」や「意識」も射程に入ってきました。
学生、研修医、専修医を積極的に受け入れ、研究の楽しさ、真実の美しさを体験してもらいます。研究をまとめる苦しさまで経験してもらえたら最高です。 もっと詳しく知りたい方は、我々のホームページを訪れて下さい。