うつ病にて当院に入院され電気けいれん療法を受けた患者さんの診療情報を用いた医学系研究に対するご協力のお願い

研究責任者 所属 精神神経科 職名 教授
氏名 三村 將
連絡先電話番号 03-5363-3971
実務責任者 所属 精神神経科 職名 助教
氏名 平野 仁一
連絡先電話番号 03-5363-3971

このたび当院では、上記のご病気で入院された患者さんの診療情報を用いた下記の医学系研究を、医学部倫理委員会の承認ならびに病院長の許可のもと、倫理指針および法令を遵守して実施しますので、ご協力をお願いいたします。

この研究を実施することによる、患者さんへの新たな負担は一切ありません。また患者さんのプライバシー保護については最善を尽くします。

本研究への協力を望まれない患者さんは、その旨を「8 お問い合わせ」に示しました連絡先までお申し出下さいますようお願いいたします。

1対象となる方

西暦2012年1月1日以降、精神・神経科に入院し、うつ病(単極性うつ病、躁うつ病のうつ病相)電気けいれん療法を受けた方

2研究課題名

承認番号  20170289
研究課題名  電気けいれん療法に関するデータベース構築

3研究実施機関

慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室・慶應義塾大学病院精神・神経科

4本研究の意義、目的、方法

電気けいれん療法(Electroconvulsive therapy; ECT)は、うつ病に有効な治療法として知られています。しかし、その作用機序、治療効果持続性等の生物学的基盤ならびに本邦での施行の実態に関しては、未知の部分が多く存在しています。

精神疾患の治療法の検証のためには、従来以上にデータを集積し、これを包括的に利用することが重要との認識が広まりつつあります。しかし、脳機能データや臨床データを個別の研究で短期間に多数取得することは容易ではありません。そこで本研究では、慶應義塾大学で電気けいれん療法を受療した患者さんを対象に、診療録(精神科の病気の治療経過、臨床症状(評価尺度含む)、検査結果(採血データ、生理検査、脳画像検査)、ECT施行データ等)から情報を得て、データベースを構築します。

5協力をお願いする内容

診療録(精神科の病気の治療経過、臨床症状(評価尺度含む)、検査結果(採血データ、生理検査、脳画像検査)、ECT施行データ等)の閲覧をさせていただきます。なお、保存する情報には氏名、患者番号、生年月日、住所、受診日、手術日などの個人情報を含まないため、個人が特定される危険性はありません。

6本研究の実施期間

当院倫理委員会承認日から西暦2023年3月31日(予定)

7プライバシーの保護について

1) 本研究で取り扱う患者さんの個人情報は、氏名および患者番号のみです。その他の個人情報(住所、電話番号など)は一切取り扱いません。
2) 本研究で取り扱う患者さんの近赤外線光トポグラフィーデータならびに診療情報は、個人情報をすべて削除し、第3者にはどなたのものか一切わからない形で使用します。
3) 患者さんの個人情報と、匿名化した近赤外線光トポグラフィーデータならびに診療情報を結びつける情報(連結情報)は、本研究の個人情報管理者が研究終了まで厳重に管理し、研究の実施に必要な場合のみに参照します。また研究計画書に記載された所定の時点で完全に抹消し、破棄します。

8お問い合わせ

本研究に関する質問や確認のご依頼は、下記へご連絡下さい。
また本研究の対象となる方またはその代理人(ご本人より本研究に関する委任を受けた方など)より、試料・情報の利用や他の研究機関への提供の停止を求める旨のお申し出があった場合は、適切な措置を行いますので、その場合も下記へのご連絡をお願いいたします。

慶應義塾大学医学部 精神神経科学教室
三村 將 ・ 平野仁一
東京都新宿区信濃町35番
03-5363-3971 (直通)

以上